出合い系の異性は、どんな容姿も個性と受け止めてくれる




山本隆様(大阪府)

年齢:32歳

私は今まで、異性との交流というのは無縁の中の無縁でした。それは容姿でした。人間として容姿を整えることは最低限のマナーです。しかし私は昔から、デブ体質であり、どれだけ食べ物を制限しても、かならず元の体型にリバウンドしてしまいます。そのため女性から声をかけられたことなんてほとんどありませんでした。

彼女はおろか女友達もできたこともありませんでした。しかし私も男として、人並みの恋愛感情は持ち合わせています。学生時代の同級生がどんどん結婚していく状態をみていて、私だけが、なんだか取り残されていくような感覚を覚えてきました。

諦めているつもりでも諦めきれないという自分の中での葛藤があったことは今でも覚えています。その気持ちを抑えきれなかった私は、ついに出会い系サイトを使用してみることを決心しました。

今まで出会い系サイトというと怪しいイメージがあったので、長い間敬遠していましたが、回りがどんどん結婚していく状況をみていて、自分の容姿がなんであろうと、なりふり構ってられませんでした。

それに私も異性との関わりあいに対する強いあこがれは、学生時代の時から常にもっていました。出会い系サイトは有名な大手サイトを使うことに決めました。大手の方が安心だからです。出会い系サイトには当然さくらや業者の存在があったのを知っていたので。サイトの向こう側の相手とのコンタクトは厳重に行いました。

botと呼ばれている機会があるらしく、それを使用することで、すでにテンプレで決まっている定型文を一斉に、登録者に送れるようです。その機能を使っているか、私が登録して数十分ぐらいですぐに、異性からのメールがきました。

さすがの私でも、怪しいと思い、メールを返さなかったのですが、出会い系サイトというのはお金目的で、さくらや業者らしき人が潜んでいることは確かです。

私が使っていた大手の出合い系でも業者かどうかは分かりませんが、釣り目的で頻繁にテンプレのような文章で絡んできたことは、覚えています。しかし出合い系で異性と出会えた経験談はネット上に溢れていたので、そういったフェイクを振り切り、自分で情報の正誤性を判断できれば、必ずいつかは会えると信じていました。

自分が気になる相手とのコンタクトを繰り返して、ようやく目当ての人と本物っぽいメールでの意思疎通ができました。その相手は文面から見ても、相手の気持を汲み取ることができる人だということが伝わり、容姿のことを説明してもオッケーだと言ってくれました。

住んでいる地域も近かったので、すぐに会う約束をしました。相手は一つ年上の方でした。

当時は本当に会えるのか、さくらだったらどうしようと言う疑心暗鬼でしたが、待ち合わせ場所でまっていると、すぐに相手らしき人が出てきました。

自分のこの容姿をみて嫌気が差したらどうしようかと思いましたが、後には引けないという気持ちが、あったため思い切って自分から話を切り出しました。

相手はすこし驚いていましたが、嫌そうな素振りをみせずに、すぐに親身になって私の会話に聞いてくれました。それから親しくなり、頻繁に食事の仲として合っています。

私を一人の男として認めてくれたのです。これが大人なのか、それとも世界が広いだけなのか分かりませんが、どんな容姿でも一人の男性として受け止めてくれたことは、とても嬉しいです。

ウソや偽りがおおい出合い系ですが、ぜひ勇気を出して踏み込んでみるといいかもしれません。そこには大きな自分とは違った世界が広がっているのかもしれませんよ




よく読まれている記事




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。