38歳100キロのメタボリーマンがクリスマスを目標に女子大生をゲットするまで




名前 神田 吾郎(東京都)
年齢 38歳

内容 体重100キロ、メタボなサラリーマンの私が大手出会い系サイトを使い、女子大生との出会いに成功し、ついには交際に至った話。

1.きっかけ
体重100キロ。会社では陰で「大関」と呼ばれ、彼女は3年前に別れたっきり。合コンに行ってもモテるどころか女の子たちにいいようにたかられ、会社のお局さんには「いい人なんだけどねぇ…。」と同情される始末。このままでは、一生結婚できないと思い始め、これまで手を出してこなかった「出会い系サイト」に足を踏み入れたのでした。

2.最初の出会い
出会い系サイトにも有料、無料のサイトがあり、いまはSNSのアプリでも出会える時代と友人から聞き、お金がかからないのが一番と思い、検索して見つけた無料出会い系サイトに会員登録してみるも、掲示板への最新の投稿が1か月も前だったり、怪しげな別サイトに誘導されそうになったり。で、結局友人の勧めもあって繁華街でよく看板を見かける、大手出会い系サイトに登録したのでした。

登録して、まず無料で手にしたポイントでサイトを探検してみると、お金目当ての交際が多い中、ピュアな出会いを求めるコーナーがあるのを発見!ここで探せばいいのかと数通のメールを送ってみたものの、返事はなくポイントも底をついてしまい、これでは引き下がれないと、5,000円分のポイントを購入し、徹底的に研究しながら続けることにしたのでした。

続けるにしたがって、いくつかのことがわかってきました。
・ブランド力のある女子大生や若い女性はメールが殺到している。
・仕事が終わる夕方以降、夜までは男性からの掲示板投稿も多く、競争は激しくなる
・即出会いを求める男性が多い。
このようなことから、私はターゲットを絞り、掲示板での募集を始めました。

するとポツポツとメールが届くようになり、メールのやり取りが続く女性も現れました。その中の一人と、数日後に恵比寿でお会いすることになりました。

当日、現れた彼女は、少し野暮ったい30歳近い女性でした。結局彼女とは食事をして、その後連絡を取ることはありませんでしたが、会話の中からヒントをもらいました。それは、当たり前のことですが、女性にとって関心のあることに詳しくなるというものでした。私の場合、仕事柄取引先との接待もしばしばあります。そう、グルメな話題で惹き付けるというものです。

3.そして女神はやってきた
グルメな話題に絞って掲示板に書き込んでいると、一人の女子大生からメールをもらいました。話はトントン拍子に進み、いざ会ってみると、それは有村架純さんのような、優しそうな女の子でした。そして、こちらが食べ歩きにお誘いすると、彼女もぜひと応じてくれました。そうして1か月。夜景の見えるレストランで交際を申し込むと彼女はその場でOK!今年のクリスマスのプランを、いまから考えているところです。




よく読まれている記事




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。