彼女できない大学院生の僕が取った行動




お名前 アキラ様(東京都)

年齢 26歳

僕は都内に住む26才の大学院生です。研究が忙しくてあまりアルバイトもできず、お金も時間もないから彼女欲しいなんて無理だろうなとあきらめていました。

そんな時、同じ研究室の友人に彼女ができて、興味を持って色々聞いたら、出会い系で知り合ったと言われました。

真面目そうに見える友人が出会い系を利用していたことに驚きましたが、自分もやってみてもいいかもしれないと思って、登録してみました。


自分をよく見せられるほど器用ではないので、プロフィールにありのまま、あまりお金がないこと、いつでも会えるわけではないこと、でも喜びや悩みを共有できる彼女が欲しいことを丁寧に記入し、検索でいいなと思った5人の女性にメッセージをしてみました。

まったく反応がない女性もいましたが、1人の女性から返信をもらうことができました。


彼女とは、いまではラインでやりとりしています。僕と同じ大学院生なので、お互いの経済事情や時間の事情もよく理解でき、話も合います。

お互いに忙しいけど、そのうち一度会ってみよう、という話も出るようになり、すごく張り合いを感じています。


お金がないとか言うのは男として引け目を感じると思っていましたが、正直に書いてくれたから信用できると思った、私も貧乏だから見栄を張れないし、お似合いかもね、と言ってくれています。

彼女も、僕と付き合うことを現実的に考えてくれているようです。


出会い系なんて不真面目恥ずかしいことだと思っていましたが、友人の話を聞いて試してみて本当に良かったです。

登録時にもらえるポイントに少し追加購入しただけで気の合う女性と出会えたのはラッキーだったのかもしれませんが、とにかく、始めてみなければ出会うことはできませんでした。僕も他の友人に勧めています。




よく読まれている記事




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。